ランドセルの歴史

江戸時代幕末の日本に西洋式の軍隊制度が導入された際に布製の背のうも同時に輪入され明治時代に開校した学習院はこの背のうに学用品類を詰めて通学させることを義務づけましたがこの背のうがオランダ語でランセルと呼ばれていたことからやがてランドセルという言葉になりそして通学用の背負いカバンを意味するようになり現在に至るまで受け継がれています。

当時のランドセルは今のリュックサックに近いものでしたが、現在のようなしっかりとした箱型ランドセルの誕生は早く、学習院で明治20年伊藤博文が大正天皇の学習院入学を祝して特注で作らせたものを献上したのがその始まりとされていて、背負うことによって子供の負担が軽減でき両手が自由に使えるなどの長所からランドセルは小学生用として広く普及したようです。

ランドセルは戦前まではどちらかといえば都会型の商品とされていて地方では教科書やノートを風呂敷に包んで通学するのが一般的でしたが昭和30年代以降になると全国的にランドセル通学が普及し、日本の小学生にランドセルは欠かせないものとなりました。

世界中を見渡しても似たような背負い式の通学カバンはヨーロッパの一部で使用されているに過ぎず、ランドセルは日本独自のものといえるでしょう。

改良を重ねられながら学習院を中心に色々な小学校で使い続けられ、色は茶色から赤と黒が主流となりました。

最近のランドセル(例:http://www.laponte.co.jp/)を見てみると分かるのですが、カラーバリエーションが広がり、多彩な色から選べる時代となりました。

型も学校の副教材にA4サイズが使われることが多くなったため、昔よりもひとまわり大きくA4クリアファイルが簡単に収まるなど進化し続けているのです。